100000000BANNAR.JPG - 8,470BYTES



■Prologue

 何処にでもある、誰にでもある『特別』。
 誰もが皆、一つは他人にはないモノを持っている。
 それは、例えば思い出であったり、未来であったり、何も現在所持している必要はない。
 生命として機能している間は全てに適用され、同時に提供されているGiftだ。
 ただ、その特別もまた、社会の中においては序列が付けられてしまう。

 その価値基準は様々。
 とは言え、ミクロの範囲におけるオリジナリティと、マクロの範囲でのそれとでは、
 どうしても後者の方に価値が生まれる。
 そして、大部分において常軌を逸したモノを持っている人間は、自然とその存在自体が
 特別視される事になる。

 例えば、異能力者。

 超能力者と呼ばれる事の方が多い彼らは、常に外部から襲ってくる人間の業と闘う事になる。
 普通でない事。
 誰もが持つそれは、彼らにとっては武器であり、枷。
 だからこそ、彼らは選択を委ねられる。
 それが例え、残酷な残燭であったとしても――――


■本編


第01章    彩莉

第02章    正しくないお金の集め方

第03章    不協和音

第04章    祈り

エピローグ  〜予約未来


 



 ●その他の作品
  落ちぶれ絵師の正しい異世界報復記 (完結) 
  ロスト=ストーリーは斯く綴れり (完結) 
  αμαρτια(アマルティア) (毎週土曜up!) 
  アクシス・ムンディの萌芽更新 (不定期連載中)
  新米探偵・狭間十色 (不定期連載中)
  
こすぱ!!! (不定期連載中)
  魔王討伐!俺、英雄…だったはずなのに!? (書籍・全3巻) 宝島社刊/このライトノベルがすごい!文庫




  
 気の迷いで、この短編を面白いなどとついつい思ってしまった方がおられましたら

  ←こちらのWEB拍手をクリックして頂ければ幸いです。

もどる