これまでのあらすじ


   アウロス=エルガーデンは大学で魔術を研究する17歳の魔術士(男)。
  
 しかし、冒頭でいきなりその大学をクビになり、魔術士としての資格も
   剥奪されてしまった。
   彼が抱える論文は【魔術編綴時におけるルーリング作業の高速化】。
   要は今の魔術システムを進化させ、素早く、そして自動的に魔術を出力
   できるようにする研究なのだが、どうもこの研究はお偉方に受けが宜しくない。
   それでも、アウロスにはこの研究を続けなければならない理由があった。
   そんなアウロスに、救いの手が差し伸べられる。
   それは、今しがたクビになったばかりの大学より格上の
  【ウェンブリー魔術学院大学】の助教授ミスト=シュロスベルの野心だった。
   彼は言う。
  「君と君の論文を、私の野心の為に利用したい」
   それはアウロスにとって、望むところだった。
   斯くして、ミスト研究室で働く事になったアウロスだが、どうも
   すぐに研究に没頭できる訳ではなさそうだ。
   自爆する子供研究員リジル=クレストロイ
   ミストに絶対的な従属を誓う嫌味講師レヴィ=エンロール
   いきなり「仲良くなりたくない」などとのたまう冷めた女性クレール=レドワンス
   そして、孤高の魔女ルイン=リッジウェア
   いずれもクセの強い研究室の面々が、アウロスの精神をじわじわと弄る。
   通勤してすぐにドラゴンゾンビと戦ったりしたが、それもまだ可愛いものだ。
   そして――――
   更なる頭痛のタネとなる女が一人、アウロスと遭遇する。
   彼女の名は、ラディアンス=ルマーニュ。情報屋だ。
   けたたましくも使い勝手の良い補佐を得た事で、地盤は固まった。
   しかし、研究を進めようとしたアウロスに一つの難題が発生する。
   協力を要請していた魔具科の若きホープ、
ウォルト=ベンゲルがそれを
   拒否して来たのだ。
   それでもアウロスは彼を自分の研究に引き入れようと、情報屋ラディアンスを
   使い、その活路を見出す術を模索する。
   実験や実戦訓練などをどうにかこなしつつ、新しい環境に徐々にではあるが
   慣れて来た中、アウロスはウォルトの秘密を知る事になる。
   その秘密とは――――


   

                                       
もどる