HOUHUKUBANNER.JPG - 6,347BYTES


■Prologue

 今日もまた、生産性のない一日だった。
 現在に付随した苦痛を凍結させた代償。
 傷は疼かないけど、決して治りもしない。
 下書きを描いては消しての繰り返し――――例えるなら、そんな毎日。

 俺はなんでこの道を選んだんだろう?
 そう思いながらも、これしかないんだよなと自問自答し、机の上のノートパソコンの画面を眺める。
 そこにあるのは、今し方完成させた絵。
 需要もなければネット上で発表する意欲もない、無価値な絵だ。

 ペンタブとスタイラスペン、マンガ制作ソフトを使ったイラストの描画は、芯もインクも減らないし、消しゴムの消しカスすら生み出さない。
 だけど心が磨り減っていくのは、もう潮時なんじゃないかっていう自分の悲鳴に思えた。

 俺の絵はもうダメなんだろうか?
 この世界では毎月、数多くのマンガやラノベ、ゲームが生まれているのに、俺は誰からも必要とされていない。
 わかってる。
 わかってるのに、抜け出せない。
 やっぱり俺には、これしかないから。
 イラストを描く以外に、社会の中に入っていける能力はない。

 完璧にして完全なる袋小路。
 閉塞感漂う四畳一間の安アパートの一室で、羽虫が蛍光灯とパソコンの光を行ったり来たり。
 その姿に自分を重ね、俺は嗚咽しそうになる自分を必死に抑えながら、仕上げた絵を保存してペンを置いた。
 
 やり直したい。

 日課のような希望を心で呟いた俺は、そのまま閉じたノートパソコンの上に突っ伏す。
 刹那――――奇妙な浮遊感に襲われた。
 睡魔とも目眩とも違う、明らかな違和感。
 その直後、俺はノートパソコンの冷たい感触が消えている事に気付く間もなく、床に転げ落ちた。
 
 いや……床じゃない。
 やたら固い感触と激痛、妙に鼻を突く石の匂いが、俺の瞼を強引にこじ開けた。
 
 そこは外だった。
 いや、外とかそういう次元の話じゃない。
 
 見覚えのない場所。
 見た事のない建築物。


 そこは――――異なる世界だった。

 

■第一章 【下書きの日々】


第01節 第02節 第03節 第04節 第05節 第06節 第07節 第08節 第09節 第10節

第11節 第12節 第13節
 第14節 第15節 第16節 第17節



■第二章 【世にも奇妙な構図】


第01節 第02節 第03節 第04節 第05節 第06節 第07節 第08節 第09節 第10節

第11節
 第12節 第13節 第14節




■第三章 【百線繚乱】


第01節 第02節 第03節 第04節 第05節 第06節 第07節 第08節 第09節 第10節

第11節
 第12節 第13節




■第四章 【苦心惨憺の背景】


第01節 第02節 第03節 第04節 第05節 第06節 第07節 第08節 第09節




■第五章 【配色濃厚】


第01節 第02節 第03節 第04節 第05節 第06節 第07節 第08節 第09節 第10節




■Epilogue 【絵画の世界〜山頂にて】


前節 後節 NEW01.GIF - 365BYTES





※本作は「小説家になろう」にも掲載中です。



●その他の作品
 寝落ちの君とワールズ・エンド (毎週木曜up!)
 ロスト=ストーリーは斯く綴れり (完結) 
 αμαρτια(アマルティア) (毎週土曜up!) 
 魔王討伐!俺、英雄…だったはずなのに!? (書籍・全3巻) 宝島社刊/このライトノベルがすごい!文庫
 新米探偵・狭間十色 (不定期連載中)



 
ようわからんけど、なんとなく面白かったような気がする、と言う人がおられましたら

    ↑
こちらのWEB拍手をクリックして頂ければ幸いです。
超励みになります。


                                                     もどる