人間は、絶対に手に入れなければならない何かの為に生きている。

 例えば『栄光』。
 例えば『安寧』。

 この世に生を受け、そして何十年もの間命を燃やし続ける理由は、生きていく中で見つかる各々の到達点だ。
 
 人間の力は決して雄大ではない。
 特に心は、簡単に折れてしまう。
 高等感情が存在する分、他の生物よりも弱いかもしれない。

 それでも人間が長らく生き続けられるのは、種の保存という生物共通の到達点以外に目的があるからだ。
 目的は欲望と言い換えてもいいだろう。
 人間は欲望を抱くことで、他の種とは独立した人生設計を作る。

 


 ――――上手くいった。
 金色に輝く髪を風に揺らし、男はそうほくそ笑んだ。
 
 野望は人間を輝かせる。
 欲望は人間を強くさせる。
 だが同時に、数多の障害を作ることも避けられない。

 男にとっての障害は、似た目的を持つ他の人々。
 そして――――自分自身。 
 いずれも厄介な存在だ。

 だが、障害は乗り越える事が出来る。
 その為に必要なのは、叡智と武力。
 叡智は"情報"と"処理能力"と置き換えても良い。

「クク……」

 そして情報を入手した今、目的に一つ近づいた。
 切れ長の目を更に細くし、男は笑う。
 欲望にその身を委ね、業を魂で焼き尽くし、ひたすらに笑う。

「ハハハハハハハハハ!」

 その手にある、呪いの権化――――22の遺産で宙を切り裂き、男は自身の欲望を極限まで満たしていた。

 


 或いは――――欲望の自身を。









  もどる                                                      次へ