それは突然現れた。
 余りにも唐突過ぎて、ユグド=ジェメローランは自分が今何処にいるのかすら失念してしまう程だった。
 
 だが、非常事態ほど冷静にならなければならない。
 それが生きていく上で非常に重要であることを、ユグドは知っていた。

 腕力もなく、体格も平凡。
 戦闘力という点において、恵まれた才能は一切ない。

 幸いにも、比較的平和な時代に生まれた。
 とはいえ、それでも降りかかる火の粉を払うくらいはしなくてはならない。
 まして、護衛という仕事を生業としている身である以上、戦闘に関与する可能性は高い。

 であるならば、自分にあるもの、自分の持つ武器で闘わなければならない。
 すなわち、頭だ。
 ユグドは冷静さを取り戻し、頭の中を高速で整理した。

 ここは――――宗教国家ベルカンプという国の、とある宿の一室。
 仕事を終え、ここで一泊して明日、拠点である中立国家マニャンへと帰る予定だった。
 だが、残念なことに、トラブルが発生してしまったようだ。

 問題は質だ。
 急襲してきたこのトラブルの質は、如何ほどか。
 ユグドは分析を始めるべく、目の前に現れた脅威を鋭く見据えた。

 その視界に収まったのは――――

 


 ――――骸骨だった。









  もどる                                                      次へ