それから――――

「お前ら、本当にひでぇーよなぁー。海賊から海に突き落とされた俺様をガン無視するなんてよぉー、おかげであと少しで溺れ死んでたんだぞぉー」

 一仕事終えたアクシス・ムンディの面々は、無事に『守人の家』へと帰還。
 ただしユグド、シャハト、トゥエンティ、セスナ以外の面々は重傷のため、現在施療院に入院中。
 暫く大きな仕事は取れない状態になってしまった。

「アンタだって、チトルさんが落っこちた時に手を貸してくれなかったでしょうが。自業自得です」

「リーダーって普段は面倒見いいのに、テンパるとゴミになるっしょ。寧ろゴミ置き場っしょ。臭ーし! 臭ーし! キーッキッキッキ!」

 いつものように、無駄に毛髪の多いセスナからキッキキッキ笑われたシャハトは、いつになく身体を震わせ、バタンと机を叩いた。

「上等だよぉー! いつもいつもイジられっ放しだと思うなよぉー!? セスナ、表に出ろよぉー! 俺様がリーダーってのを身体でわからせてやっからよぉー!」

「ひーっ! リーダー鬼畜っしょ! 女のあーしに身体でわからせるってそれ、鬼畜っしょ!」

「お前を女なんて思ったことねぇよぉー! オラとっとと来やがれよぉー!」

 流石に堪忍袋の緒が切れたのか、シャハトはセスナの毛髪を引っ張って外へと出て行った。
 残ったユグドは、所在なさげにしているトゥエンティを横目でチラリと眺める。

「……あんだよ」

 相変わらず粗い口調で、トゥエンティはユグドを牽制した。
 だが、既に一度クビにならないよう懇願した手前か、余り強くは当たれないようだ。
 そんなトゥエンティに対し、ユグドは書類をポイッと放り投げた。

「各方面に請求した慰謝料その他が入ってくるまで、治療費を稼がないといけないんですが……単独での仕事、やれます?」

「た、単独? それって、おれが一人で護衛やるって意味だよな? これが仕事の概要か?」

「ええ。貴女ができるのなら、受けるつもりですけど。大きな仕事じゃないですが、役場からの依頼なんで結構重要です」

「……」

 ユグドの説明を聞いているのかいないのか、トゥエンティは食い入るように書類を見つめていた。
 問題児だとばかり思っていた新入りだったが、実際は一番仕事熱心でまともな性格だと判明し、ユグドは苦笑を禁じ得ずにいる。
 彼女が戦力になってくれれば、あの忌まわしき『武器万博護衛依頼』の件も無駄ではなかったと言えるのだが――――

「あの、あの、あのー。ここ、アクシス・ムンディ様がいらっしゃる所でしょうかー」

 不意に、扉の向こうからほんわかした少女の声が届く。
 最初の三度繰り返す『あの』の時点で、それが誰かは明白だった。

「はい、そうですよ。どうぞ、扉は開いてます」

「失礼しますわ!」

 だが、先に入って来たのはその少女、パールではなく――――フェム=リンセスだった。
 後ろから、例の格好のままのパールがおずおず入ってくる。
 呪われているという嘘を敢えて否定せず、ラシルが言った通りにしているらしい。

「……なんでここ、王族が頻繁に出入りするんだ?」

 思わず頭を抱えそう呟くが、トゥエンティは反応なし。
 ひたすら集中して書類に目を通しているため、聞こえていないようだ。
 仕方なく、ユグドは一人で対応することにした。

「それで、御用件は何でしょう」

「貴方はあの時の! 確か……確か……」

「ユグド様だよっ、フェムちゃん」

 開けた扉をおずおずと閉めつつ、パールがフォロー。

「そ、そうでしたわ。ユグド様……って、なんでこのあたくしが庶民に様を付けなくちゃならないの!?」

 突然現れ突然キレ出す美術国家ローバの姫君に対し、ユグドは迷惑料を請求したい衝動に駆られながら必死で耐えた。

「……で、御用件は」

「ユグドとやら。貴方、パールに多額の慰謝料その他を請求したようですわね!」

「ええ。常識の範囲内で」

「嘘を仰い! 明らかに国家予算を圧迫する金額でしてよ!?」

 実際にはそこまで大げさな額ではない。
 王族が相手なので、多少多めにはしているが。

「……とは言っても、こっちの損害も相当なものなんです。組織を守る為にも、お金は必要なんですよ」

「ローバとシーマンを敵に回してでも、ですの?」

「いずれこのアクシス・ムンディを世界一の国際護衛協会にするために必要であれば、躊躇する理由にはなりません」

 頬杖を突きながらキッパリそう断言したユグドに、迷いはなし。
 その真剣な目に、パールが何故かポーッとしていたのはともかくとして――――

「よろしくてよ! その覚悟、よろしくてよ! ではあたくし、貴方がたの組織に加入致しますわ!」

「……は?」

 これは流石に想定外。
 というより、余りに意味不明な事態。
 ユグドの頬を支えていた手がカクンと落ちる。

「フェムちゃん!? フェムちゃん!? フェムちゃん!?」

 意思の疎通ができていなかったのか、パールまで驚きを隠せずにいるが、フェムは気にも留めず――――

「パールはあたくしの親友なのですわ。この子の借金はあたくしの借金も同然! ならば、あたくしが働いて完全返済しますわ!」

 加入の舞を踊り始めた。
 なお、言われなければそうだとわからない踊りの模様。

「……いや、真っ向から拒否します」

「無駄ですわ! あたくしの加入は既に国際的義務と同義なのですわ! おーっほっほっほ!」

「そんな訳が――――」

「ユグドはどこだ! あのバカはどこだ!」

 突然、閉まっていた扉が凄まじい勢いで破壊され、破片が部屋に舞う。
 その破片が踊っていたフェムの頭上に降り注ぎ――――

「痛っ!? 痛っ痛っ痛っ痛っ痛たたたたっ!?」

 次々とフェムに突き刺さり、床へ倒れ込んでのたうち回る惨状となった。
 だが、一国の王女の負傷はしれっと無視され、部屋に飛び込んで来た人物――――ラシルは怒り狂った顔でユグドへ詰め寄る。

「ユグド貴様! 妾が一世一代の大勝負をしている時に、リュートを勝手に使役して勝手に帰るとは何事じゃ!?」

「いや、俺暇でしたし。疲れてたんで妥当な判断かと」

「このドアホがっ! 徹夜で闘った妾に労いの言葉一つかけずに帰宅するとは、貴様それでも妾の守護者かっ! 妾にホレてる男のとる行動かっ!?」

「だから何度もホレてないっつってるでしょーが」

「ぐぬぬ……年下趣味などと冗談で茶を濁したかと思いきや、まさか本当にそうなのではあるまいな……」

 キリキリと歯軋りをしながら、ラシルはパールをギラリと睨んだ。

「あの、あの、あの、私はそんな……ユグド様が年下がお好みだったなんて……そうなんですか……」

 どうやらパールはユグドより年下らしい。
 そんな事実が判明した、とある日の午後。
 他にも、色々なことが判明した。

 例えば――――

「だ、ダメだあ! おれは子供はダメなんだ! 学校の警備なんて、おれにはできねえよ……無力だおれは!」

 トゥエンティの子供嫌い。

「ちっくしょぉー。まだ身体が万全じゃないんだよぉー。じゃなきゃリーダーの俺様が女のヒラ隊員にボロボロにされるわけねぇよぉー……」

「勝ー利! 勝ー利! キッキッキ!」

 シャハトのシャレにならないリーダー失格っぷり。
 そして――――

「……そこで妾は、意を決してゲイ・ボルグを手放したのじゃ。すると皇帝は一瞬驚きのあまり混乱し、その隙を見逃す妾ではなく――――」

「ちょっと待った。ここにさっき届いたノーヴェさんからの手紙があるんですけど、解説が食い違ってますよ」

「なんじゃと!? 妾の話が正しいに決まっておろうが! そもそも敗者の弁など嘘だらけに決まっておるわ!」

「手紙ではノーヴェさんが勝ったけど、船はくれてやったって書いてますが……どっちが正しいのやら」

「妾を信じられぬと申すか!? おのれユグド! そこに直れ! 修正を執行するのじゃ!」

 ラシルおよびノーヴェの、異常なまでの負けず嫌い。
 とはいえ、これらが判明したところで、アクシス・ムンディの発展には全く役立ちそうにない。

「……取り敢えず、怪我人を施療院に運ばないとな」

 唯一の収穫が『血みどろになった踊り子王女の加入』という混沌。
 喧噪の止まない空間で、ユグドは前途多難な未来を本気で憂い、静かに、そして深くため息を落とした。

 世界最高の国際護衛協会への道は、余りに険しく、そして遠い――――

 

 これは、そんな未来の前奏曲。









  前へ                                                      もどる