これまでのあらすじ


   エチェベリア国の大都市、ヴァレロンの一角にちょこんと存在する薬草店【ノート】
   その店主であるフェイル=ノートは、薬草店を営む一方で、元弓兵としての能力を

   活かし、「依頼人の指定する標的を殺さずに行動不能にする」と言う
   裏稼業を行っていた。

   そんな最中、薬草店【ノート】のあるレカルテ商店街に『勇者一行』が訪れる
   と言う噂が流れ、商店街はにわかに色めき立つ。
   勇者とは、一般市民が手に出来る最高の称号。それを持つ者は同時に市民に
   羨望の眼差しで見つめられ、その勇者が立ち寄った店、買い求めた品はその後
   爆発的な人気を博すからだ。

   そして、フェイルも一念発起し、薬草店【ノート】の目玉とすべく
   特注の食虫植物を仕入れるが、よく遊びに来てくれる近所の少女ノノをはじめ、
   殆どの常連客に恐れ戦かれてしまい、【ノート】は経営を始めて以降最大の危機に瀕す。
   更に、傾きかけた薬草店に追い討ちをかけるように、フラッと現れた客が
   店の展示商品を道連れに大転倒。致命的な損失を被る。
   しかし、そのコケた客こそ、巷で大騒ぎになっている勇者だった。
   尤も、話を聞いてみると、その勇者は候補と言う立場であって、まだ勇者の称号を
   得るための活動中とのこと。現在は、隣国のデ・ラ・ペーニャに親書を届ける
   旅の途中だと言う。
   フェイルは弁償を要求するが、現在勇者一行は無一文。
   様々な思惑と交渉の結果、勇者一行は騒ぎにならないよう身分を隠しつつ、
   薬草店【ノート】で働く事で損害分を返済する事になった。

   元凶となった勇者候補
リオグランテ・ラ・デル・レイ・フライブール・クストディオ・
   パパドプーロス・ディ・コンスタンティン=レイネル

   ことある毎に【ノート】を悪し様に言う女性剣士フランベルジュ=ルーメイア
   丁寧な口調で奸智と現実を叩きつけてくる魔術士ファルシオン=レブロフ
   そんな面々が店の従業員として機能する筈もなく、フェイルの精神と経営状況は
   更に悪化。裏の仕事も一時休業となってしまい、本気で追い詰められていく。

  「αμαρτια」は、そんな不幸な薬草士の懸命に生きる姿を描いた物語です。

   
 
   

                                       
もどる