自分の身体が死に絶えていく事が、はっきりとわかった。

 当たり前のように動かせていた右手が、左手が、右足が、左足が、殆ど思うように動いてくれない。

 指を動かす為に込めた力は、肘にすら届かず。

 背中に痒みを覚えても、喉の奥に違和感を抱いても、それを正常な状態に戻したいという意識すら、働かない。


 それはつまり、健康を放棄したという事。


 身体は悟っている。

 もう、元に戻りはしないのだと。

 そう教えてくれる。


 結局のところ――――ここまでという事だった。


 幼い頃に思い描いた夢は、実はそういう形の幻だったと知り。

 それでも、絶望する暇もなく生きて来た人生。

 そして、数多の挫折の果てに辿り着いた、今日。

 ここがその終着点というのは、皮肉でもあり、本望でもある。


 ただ、納得は出来なかった。

 納得して、諦観して、そしてこれまでの事を振り返る。

 そうする事も必要なのかもしれない。

 そうする事で、報われる何かがあるのかもしれない。

 けれど、そこまで悟る事は出来なかった。


 思い通りに身体が動かない事。

 それが歯痒い。


 目の前にある危機を解決する為の一助となれない。

 それが歯痒い。

 未来へ向けて語り合う事が出来ない。

 それが歯痒い。

 ――――それでも夢は叶うと、嘯く事が出来ない。

 それが、口惜しい。


 まだ志半ば。

 いや、その意識すら、実は薄いのかもしれない。


 自分がいなくなる。

 それが恐ろしい。

 それこそが本心だった。


 自分がこの世から消えるという事には、二つの意味がある。


 一つは、自分が世界を感知出来なくなるという事。

 つまり。

 見て、嗅いで、味わって、聞いて、触れるという事が出来なくなるという事。

 起きて、食べて、喋って、寛いで、寝るという事が出来なくなるという事。

 笑って、泣いて、怒って、拗ねて、照れるという事が出来なくなるという事。

 恋して、恋患って、恋焦がれて、恋慕って、恋病む事が出来なくなる――――という事。


 もう一つは、世界から自分が感知されなくなる、という事だ。


 自分がいない世界でも、当たり前のように日は昇り、そして楽しい事や下らない出来事が毎日のように勃発し続ける。

 その中で、周囲の人間は、自分を忘れていく。

 認識はあれど、心に在らず。

 数多の"今"に塗り替えられ、いずれ形を失っていく。

 どれだけ大事な人の心からも。

 果たして、どちらが怖い事なのかと問われれば――――迷いなく前者と答えられた。


 一年前までならば。


 今は、ただ。

 自分の終わりが。

 動かなくなる身体が。 

 薄れ行く意識が。

 死が。
 

 あなたに苦痛と心労を与える事が、何より――――

 


「大丈夫」

 


 不意に聞こえた声は幻聴か、それとも最期の最後に自分自身が救われる為の願望か。

 


「心配は要らない」

 


 心地良い声。

 男の声なのか女声なのか、それさえもわからない。

 聴覚ではなく意識で聞いている。

 


「もう、大丈夫だから」

 


 魂が、揺られている。

 安寧の懐の中、穏やかに消えゆくのか。

 それとも、創造と再生の渦の中に運ばれてゆくのか。


 答えは、身を委ねたその先にある。

 


 やがて誰もが辿り着く、その先へ――――――――
















 

                         前へ      次へ