「私達はもう勇者一行ではありません。勇者としての旅をする必要もなくなりました。隣国への親書というのも、勇者計画の為の方便でしょうから。だから……」

 ファルシオンの声には、焦燥と困惑が混じっている。
 自分で話し始めておいて、考えがまとまっていない。
 普段の彼女からは考えられない事だった。

「だから、弓使い兼 薬草士が加わっても支障はありません。幸い、フェイルさんは遠近両方で戦える万能型ですから、近距離タイプのフラン、遠距離タイプの私と組めば、バランスはとても良い筈です」

 表面張力だけでもっている器の中の水を必死に零さないように、或いは――――流血が止まらない心臓を必死に縫い合わせているかのように。
 ファルシオンは矢継ぎ早に言葉を紡ぎ続けている。

「私達と一緒に来て下さい。お店は暫く休業する事になりますが、ナタルの処方を病院に売れば、纏まったお金は得られます。王子の手術にも使われている痛み止めですから、きっと高い値が付きます。だから、大丈夫です。きっと上手く行きます」

「……お店を続けるんじゃ、ダメなの?」

 必死に勧誘を続けるファルシオンに、事情を知らないアニスが怪訝そうに問う。
 本来なら、ヴァレロン・サントラル医院と業務提携の契約を結んだ今、フェイルが店を空ける理由は何処にもない。
 安定した収入が得られ、生活に困る事はないのだから。

「薬草店ノートは、続けられません」

 フェイルではなくファルシオンが断言した事で、アニスは衝動的に怒気を燃え上がらせる。
 だがここは病院。
 衝動の醜さを誰よりも知るアニスは理性を強く持ち上げ、下唇を噛む事で瞬時に抑えた。

「……どうして、貴女がそんな事言うの?」

 とはいえ、険が全て消失するほど、アニスは大人でもない。
 不満を隠す気もなく、口調こそ穏やかだが、鋭い目でそう質問を突きつける。

 ファルシオンの返事は即答だった。

「誰かが、言わなければならないからです。フェイルさんは言えません。自分のお店を続けられないなんて、言える筈ありません。だから私が言うんです」

「何で続けられないって決め付けるのって聞いてるの!」

「それは――――」
「僕がいると、いろんな人に迷惑が掛かるからだよ」

 アニスの肩に手を置き、フェイルが重い口を開いた。
 伝える覚悟は、とうに出来ていた筈だった。

「アニス。よく聞いて」

 けれど、気が進まないのもまた事実であり、決断には時間がかかってしまった。

「僕は兄として、妹を助けたかった。アニスを助けたかったんだ。だからヴァレロンに戻って来た。理由は本当にそれだけだったんだ。あの薬草店を開いたのも。今日、ここに来たのも」

 これから伝える事は、妹を困らせるかもしれない。
 苛立たせる事かもしれない。
 悲しませるかもしれない。

 でも、言わなければならない事だった。

「僕はあの男を父親とは思わない。今後会う事もない。でもアニスにとっては、あの男は父親だ。アニスには、あの男の庇護が必要だ。この街で生きていく為には」

「え……何の話……?」

「アニスは妹だけど、父親は同じじゃない。そういう話だよ」

 単なる決別ではなく、今生の別れ。
 それを告げなければならない。

「本当は、僕が面倒を見られるのなら、そうしたかった。出来る自信もあった。でも、それはもう叶わないんだ。アニスには子供の頃、凄く助けて貰ったのにね。まあ、その分困る事もされたけどさ」

「何の話を……してるの……?」

「アニス。僕は今から、これからの話をする。アニスがこれからどう生きるのかを決めるのはアニス本人だけど、僕の意見として聞いて貰いたい」

「……」

 急に話の流れが激変したと感じ、アニスは困惑を隠せずにいる。
 でも、これは必然の着地点だった。
 フェイルがアニスと話をするのは、これが最後になるかもしれないから。

「本当に、あの衝動が起こらなくなったのなら、アニスはこれから普通の女の子として生きる事が出来る。違う生き方も選べるけど、まだアニスはその準備は出来ていないし、時間もかかる。まずは生活を安定させなくちゃいけない。その為には、今まで通り父親と一緒にシュロスベリー家で暮らすのが一番だ」

 頭では理解できていても、フェイルの意図が掴めず、アニスは終始顔を曇らせている。
 そんな顔にさせて申し訳ないという気持ちが、フェイルの中にはあった。
 妹であるのと同時に、幼なじみでもあるから。

「だから、アニスが今後どんな道に進むにしろ、今はこれまで通りの生活をするのが良いと思う。ハイトさんもこの街に留まるみたいだから、何かあったら彼に相談しても良いんじゃないかな。女の子にしか話せない事なら、新しく友達を見つけないといけないね。学校に通ってみても楽しいかもしれない」

 アニスはずっと、シュロスベリー家で教育を受けてきた。
 彼女が外の世界に出るには、余りにも危険過ぎた。
 だから今まではずっと、この街の住民の大半は彼女にとって他人だった。

 そして、それは正解だった。
 知り合いが殆どいないからこそ、血を求める時の彼女がハイト以外の目に晒される事はなかった。
 そうならないよう、父親が仕向けていた。

 けれど、呪縛は解けた。
 アニスの未来は、自由を得た。
 それはある意味、自由国家への第一歩とも言えた。

「フェイル、さっきから何を言ってるの……? なんで私の先々の話なんてするの? そんなの、明日でも、明後日でも、いつだって出来るじゃない」

「……出来ないんだ。僕はもう、この街にはいられないから」

「なんで!? また出て行くの!?」

 アニスも、フェイル達の様子からある程度は察していた。
 でも言葉にされると、感情を繋ぎ止められない。
 どれだけ頑張っても。

「やっと……やっとお兄ちゃんが戻ってきたのに……また私を置いて行くの?」

 涙目で、震えた声で問われたその言葉は、フェイルがこれまで向けられてきたどの発言よりも、父親への諦めよりも、苦しいものだった。

「……僕も、しなきゃいけない事が出来たから。アニスを自分で助けられた訳じゃないけど、こうしたいって思ってた事はもう叶ったから。だから……」

「ヤだ! 行っちゃヤだ!」

 まるで子供の頃に戻ったように、アニスはフェイルの服を掴んで駄々をこねる。
 けれどその主張は、我儘とは次元の異なるものだった。

「だってフェイル、もう会えないって顔してる! さっきのだって、もう会えないから最後にって……そんな感じだった! どうして!?」

「……」

 理由は言えない。
 言えば、アニスにも火の粉が飛びかねない。

 世界の恥部――――それは呪いでもあった。
 覗いてしまった以上、口封じや情報奪取の対象にならざるを得ない。
 全てを自分の中に封じ込めていたアルマとは違って、フェイルはただの人間で、絶対的な防衛手段を持たないのだから。

「会えない事はないよ。それは大丈夫」

 けれど、全ての自由が奪われた訳ではない。
 フェイルは、アニスに対して嘘をつく気はなかった。

「必ず戻って来る。アニスに会う為でもあるし、違う目的の為でもある。僕の最終的な着地点は、このヴァレロン新市街地だから。でも……暫くはお別れだ」

 そう笑顔で告げるフェイルに抗うように、アニスは服を握る手に力を込め続ける。 
 彼女はずっと、孤独だった。
 その孤独を埋めてくれる筈の兄が、また去って行く事にどうしても我慢できなかった。

「私を置いて……その人と一緒に行くの?」

 アニスの呟きは、ファルシオンに向ける敵意がこもっていた。
 兄を連れ去る魔女のように、アニスには映っていた。

「ねえ、フェイル。どうなの? 答えてよ」

「……」

 ファルシオンは何かを言おうとして、結局言葉を呑んだ。
 隣のフランベルジュは――――この空気に耐えられず、黙ったまま終始辛そうな顔をしていた。
 
 その様子を横目で眺め、こっそり苦笑しながら、フェイルは既に出ている答えをそのまま口にした。


「ううん。ファル達と一緒には行かない」


 しなければならない事がある。
 どうしても、自分が。
 恐らくは、最後の最後に師匠のデュランダルがする筈だった事を。

「ダメです!」

 けれど、ファルシオンは見逃してはくれなかった。

 彼女は、彼女達だけは見抜いていた。
 フェイルがこれから何を果たそうとしているのかを。

「それだけは絶対にダメです。私達と来て下さい。私達なら……迷惑なんて思いませんから」

「ま、そうね。一応恩人だし。その借りがなくなるまでは、付き合ってあげられるけど」

 熱量こそ異なるが、同じ覚悟をもって、二人はフェイルを引き入れようとした。

 


 余に万が一の事があったら――――貴様が代わりに果たせ
 

 

 その究極の汚れ仕事から、フェイルを遠ざける為に。











 

                         前へ      次へ