メトロ・ノームは自由を象徴する空間。
 そこで交わされる会話や発言は、法律的、道徳的、人道的にどうであれ罰せられる事はない。
 フェイルの発言は、地上であれば即座に不敬罪が申告されるものだったが、この場でその指摘を行う者はいなかった。

「貴様は余に、父殺しになれと申すか」

「貴方が生き延びて自分の目的を果たす為には、それしかありません。もし貴方がほんの少しでも、親子の情をかの王に期待しているのなら、世界の恥部を覗いてきた責任者として、完全否定します」」

 まるで死刑宣告のような面持ちで断言するフェイルに対し――――アルベロア王子の口元が微かに震えた。

「わかっている。父にそのような情はない。それは余が誰よりもわかっている」

「……はい」

 そしてフェイルもまた、彼と同じ立場にある。
 だからこそ出過ぎた真似をしてしまう。
 この空間だからこそ許される、ではなく。

「一つ問いたい。もし余が父を殺して国王の座に就いたならば、良き王になれるだろうか?」

 それは、スティレットやビューグラスではなく、フェイルに向けられた言葉だった。
 彼もまた、フェイルに対し何らかの共鳴を抱いていた証だ。

「……欠落した親に育てられた人間はやはり、何かしらが欠落しているんでしょう。貴方も、僕も」

 フェイルはビューグラスに育てられた記憶はない。
 けれど、まだ物心が付く前、確かにその身はシュロスベリー家にあった。
 その事実が、フェイルの中で致命的な空洞を作った。

「幸せにはなれないと思います。欲しい物も、きっと手に入らない。でも……良き王にはなれますよ。選択を間違わず、他に何も望まなければ」

「それは手厳しいな」

「正直、貴方には恨み事だらけですから」

 自分を飾らず、王と話せる機会など二度とない。
 だが、そんな心持ちでフェイルは話していない。

 デュランダルをその手にかけた時から、既に覚悟はしていた。
 だから今は、開き直りに等しい。

「フェイルさん……?」

 そんなフェイルの心情を、ほんの少しでも察する事が出来るとすれば、それはファルシオンのみ。
 不安な感情を隠しもせず、少し強張った声で問う。


 何を?


「……大丈夫だよ。僕は」


 何が?

 
 言葉が透き通っていく。
 水のように。
 風のように。

「話もついたみたいだし、そろそろ解散しましょうかねン♪」

 にこやかに、スティレットが告げる。
 それは、長らく続いた勇者計画、花葬計画、そして世界の恥部を巡る戦いに終止符を打つ言葉だった。
 
「勇者計画はここで終わり。王子サマにこれ以上、勇者ちゃんの事を悪く言う理由もないでしょ? それはお父様を付け上がらせるだけだから。花葬計画は……」

「生物兵器を用いた生死の制御方法と、その手段……儂の知りたい事を、君とフェイルが知ってしまった。続けるのなら、儂はそのどちらかに情報提供を受ける必要があろう」

「つまり、ここで止めている限り国王サマの野望は果たせない訳ねン。なら保留。あたしと薬草士ちゃん、どちらかが外に漏らさない限りはねン♪」

 世界の恥部を覗いた二人は、もう知っている。
 生物兵器を体内から除去するには、何が必要で、どんな方法を用いれば良いのか。
 生物兵器の支配から脱するには――――体内の魔力が生物兵器を攻撃し、排除するのを待つしかない。

 現在、それを自然に行える人間はいない。
 だが将来、出来るようになるかもしれない。
 自律魔術の発達によって。

 魔力が意思を持ち、体内の生物兵器が宿主を脅かす存在と認識した場合、魔力は体内で生物兵器を攻撃する。
 最初はその攻撃も上手くはいかない。
 だが学習を続けていく内に、有効な攻撃手段を自力で習得し、やがて撃退に至る。

 自律魔術は、その手助けが出来る唯一の手段。
 同時に、魔力の自律化によって、人間は更なる免疫や潜在能力の開花を実現させるだろう。
 故に、自律魔術は人間の進化の鍵となる。

「フェイルちゃん」

 不意に――――スティレットが名前でフェイルを呼んだ。

「あの子は貴方に預けようと思うけど、構わない?」

「……え?」

 "あの子"が誰を指しているかは想像に難くない。
 アニスの生物兵器を除去するという、フェイルの悲願の鍵を握る魔術士――――ヴァールだ。

「あら、そんなに不思議? あたしがフェイルちゃんの為に便宜を図るのが」

「不思議というより無気味かな……理由は?」

「失礼ね。今のヴァールは、うっかりあたしを殺しかねないから近くには置けないの」

 敢えてヴァールの方を見ながら、スティレットはそう断言した。

「スティレット様! それは……」 
 
「あたしにとって死が唯一の救済だと思ってるんでしょ? 今のあたしは昔、貴女を認めて称賛した頃のあたしじゃない。生物兵器に浸食されて性格も中身も変わったって。違う?」

「……」

 二の句が繋げる筈がない。
 ヴァールがフェイルにそう話した事は、フェイルと一体化した時点で筒抜けなのだから。

「今のあたしが、身体の中の生物兵器を剥がして外にポイッて捨てたら、間違いなく廃人でしょうね。それくらい根付いているのは、なんとなくだけどわかってるのよね」

「……みたいだね。今のスティレットさんは、多分素だ」

 話し方が、世界の恥部を覗いていた時のスティレットに戻っている。
 だがそれは、彼女が意図して行っているに過ぎない。
 自己の記憶を再度見返す作業の中で、かつての自分を客観視したからこそ出来る事だ。

「でも、あたしは死なない。このあたしのまま、世界を牛耳ってみせるつもりよ。例え、あたしが誰一人知らないあたしになったとしても」

「スティレット様!」

「ヴァール。貴女はもう少し人生を勉強なさい。その後で考えが変わったら、また雇ってあげる」

 彼女はもう、次に向かって動き出している。
 協力者だったビューグラスも、アルベロア王子も、最早眼中にない。
 自分を元に戻すつもりもなければ、正すつもりも毛頭ない。

 得た情報を元に、更なる高みを目指す。
 自分が自分でなくなったとしても。
 歩みは止まらないし、流れは止められない。

 それが――――流通の皇女だった。

「……なんなの、あの女。最後まで訳のわからない奴」

 背を見せ歩き出したスティレットに対する、この場で最も相性が悪いであろうフランベルジュの呟きは、ある意味この場にいる人間の総意だった。

「実際、彼女はもうこの場に用はないんだろうね。でも僕達は違う」

 ここには、アルマ=ローランの魔力が漂ったままでいる。
 今すぐそれをどうにか出来る手段は持ち合わせていない。
 これもまた、自律魔術の発展に賭けるしかない。

 ただ、アルマの魔力が今後もここに留まっている保証はない。
 魔力が消えないよう、何処かに流れてしまわないよう一先ず固定する必要がある。

 そしてもう一つ。

「……力尽きた人達は、これからどうなるのでしょうか」

 ファルシオンが、誰にともなく呟く。

 クラウ=ソラスは蘇生型の生物兵器を宿している。
 生物兵器自体が力尽きない限りは、また復元する事になるだろう。
 だが、デュランダルは――――

「恐らく、この方はこのままでしょう」

 そう告げたのは、同じく生物兵器を宿したファオ=リレーだった。
 ヴァレロン・サントラル医院の院長グロリア=プライマルの秘書。
 アマルティアの一員で、花葬計画の研究に長く携わり、今はメトロ・ノームの監視を行っている男の――――


「……!」


 一瞬、背筋が凍るような悪寒を覚え、フェイルは身を竦ませた。
 そして次の瞬間、目にしたのは――――


「ようやく、悲願を果たせそうです」


 左腕でアルベロア王子の身体を貫く彼女の姿だった。













 

                         前へ      次へ