具体的な根拠は何もない指摘。
 しかし、仕掛けとしては悪くない着眼点。
 そんなフェイルの問い掛けに対し、ビューグラスは微かに目を細め、口元を手で覆いながら凝視していた。

「……やはり……」

 思わず漏れそうになった声を、噛み砕くようにかき消す。
 その先の言葉は、ビューグラスにとって明るい材料とは言えなかった。
 口に出せば、それが更に具体性を増す気がした。

「やはり発想が似ている。血は争えない。そう言いたかったんですか?」

 だが、それを見逃さず捕らえ、的確に攻める。
 ただしそう口にしたのはフェイルではなく――――ファルシオンだった。

「親と子の思考パターンが似るのは、珍しい事じゃありません。貴方の懸念はきっと正しいと思います」

「親と……子だと?」

 思わず口を半開きにして呟いたハルをはじめ、フェイルとビューグラスの真の関係を知らなかった者。
 既に知っていた者。
 それぞれがファルシオンの発言に反応を示す。

 この混沌とした感情の波を、フェイルは必ずマイナスではなくプラスにする。
 その絶対的な信頼があったからこそ、ファルシオンは敢えて口を挟んだ。
 それも、他人の家庭の事情に。

「……成程。儂が用意していた全てをフェイルが打ち砕く。その準備をしてきたと、君はそう言うのか」

「後は本人と話したらどうでしょうか。私は部外者ですから」

 当然、ファルシオンは知らない。
 この最終局面に至るまでに、フェイルが何をどう予想していたのか、どんな準備をしていたかなど、知る由もない。
 別行動が余りに多かったのだから。

 それを暗に攻められた気がして、フェイルは思わずバツの悪い顔を浮かべた。

「期待に応えられるような事は何も用意してないんだけど……もし貴方の脅迫材料が魔力にしか効かない毒なら、やりようはある」

「本当にあるのかね? お前は魔力というものを勘違いしている。魔術士が魔術を使う為の燃料とでも思っているんじゃないかね?」

「まさか。別に知りたくもなかったけど、色んな事を懇切丁寧に教えてくれる師匠を持っててね。その師匠の認識によると――――」

 この世界の大半の人間が、魔力を『魔術士の才能』『魔術の源』と捉えている。
 実際、そういうものと位置付けられてもいる。

 だが、違った。

「誰の中にもあって、活かされていない力。活かす余地のある力。人類の進化の可能性。僕の見解だと、魂と呼ばれるものと最も近い印象だけどね」

 魂、すなわち精神的実体。
 想像上の概念に過ぎないが、同時に誰もが自覚している。
 魂が宿っているからこそ、自分が自分であり続けられると。

「私も同じ認識だ。私の一族が研究していた自律魔術は、魔術に意思を持たせる技術。それはつまり、魔力には元々意思があるという前提が必要だ」

 自律魔術の専門家でもあるヴァールが、フェイルの発言を前に沈黙を守れる筈がなかった。
 しかし会話に混ざる事は出来ない。
 彼女は今、全神経を集中させてスティレットを見張っている。

 自分が引導を渡す形になったが、それで心が折れるような女性ではない事をヴァールは誰より知っている。
 例え生物兵器に自我を浸食されているのだとしても。
 彼女単体でアルマ=ローランの封印を解く事は出来ないが、もし何らかの方法でそれが出来ると悟れば、行動に躊躇はないだろう。

 その時、自分は何をすべきか。
 どうする事が最善なのか。
 人知れず、ヴァールの苦悩は続いていた。

「よろしい。正しい理解だ。先程の発言はお前を侮っていた。素直に詫びよう」

「必要ないよ」

 ずっと――――

 ずっと悩んでいた。

「親が子を軽んじるなんて、珍しくもないしね。謝られても反応に困るだけだよ」

 自分が息子である事を、どう表現すべきか。

 何をどうやっても、どんな感情を抱いていたとしても、血の繋がりは否定出来ない。
 一切無視して、『一度も親と思った事がない』と突っぱねるのは簡単だ。
 でもそれは事実と反する。

 けれど、息子だと主張したところで、この薬草の権威には何ら響きはしない。
『実の子を捨てた』とか、『危険に晒した』とか、『関心を持って欲しい』とか、そんな真っ当な訴えを彼に向けて叫んだところで、何も届きはしない。

「貴方が僕を正しく評価する事は出来ない。それが、貴方の懸念材料だ」

 届くとすれば――――意識の外。
 自分ではコントロール出来ない、無意識下における情動。
 例え何年生きても、どれだけ研鑽を積んだとしても、それはどうする事も出来ない。

 ビューグラスに対抗するには、息子出ある事から逃げてはいけない。
 フェイルは、その心構えを入念に行ってきた。

 この日の為にではなく、いつかの日の為に。

「……随分と大層な口を利く。お前が魔力を正しく理解しているのはわかったが、それで『魔力に効く毒』をどうやって防ぐつもりだ? 防げなければ、私に対抗する手段などない。私を瞬時に殺したとしても、毒はすぐこの部屋に充満し、お前達の"魂"とやらを喰らい尽くす。待っているのは死だ。身体は無事でも、精神が死ぬ」

 事実上、ビューグラスはフェイルの主張を認めた。
 すなわち、彼の用意した毒は魔力のみを対象とした魔力殺しの毒。

「そんな毒が本当にあるとして、簡単に俺等を全滅させられるってのかよ?」

 かつて魔術士殺しの異名を持っていたハルは、なんとなくビューグラスに嫌悪感を抱き、そう悪態を吐いた。
 だが、意外とそのなんでもない問い掛けは、ビューグラスの興味を引いた。

「良い質問だ。確かハル君だったな。この場にいる誰より君は核心を突いている」

「ンな一つも心がこもってない褒め言葉は要らねーんだよ。俺が聞いてるのは……」

「ハル。僕達はもしかしたら死なないかもしれない。魔力が毒されれば、スティレットみたいに人格が破壊されるかもしれないけど、きっと命までは落とさない。でも――――」

「魔力そのものであるアルマさんは即死です」

 フェイルの補足、そしてファルシオンの解答が全てだった。

 ビューグラスが用意した毒は、通常の人間の精神を汚染し、アルマを殺す。
 それはつまり、世界の恥部の消失を意味する。

 自分の健全性を失う恐怖。
 アルマ=ローランを失う恐怖。
 世界の恥部を覗けない恐怖。

 この三つの恐怖を全て素通り出来る人間は、この場にはいない。
 そんな人物がここへ来る意味がない。

 数多の研究と実験、そして長年の準備を経て、ビューグラスはその毒こそが最適解と判断した。

「フェイル。お前は恐らく、自分が壊れる事など恐れないだろう。世界の恥部にも興味はあるまい。だが、アルマ=ローランを見殺しには出来ない。決して出来ない。儂にはわかる」

 切々と語るビューグラスの顔が―――― 

「親だからな」

 いやらしく、そして醜く、徐に歪んだ。








 

                         前へ      次へ