両者の間に、ある種の膜が生じた。
 それは当然物理的なものではないし、魔術的なものでもない。
 フェイルが弓を引いた事によって生まれた、分岐の膜。

「僕の矢筒の中に二本、傷付いた矢がある。さっきトライデントと戦った時に付いた傷だ。でも、この矢がどっちなのかはわからない。見ずに取ったから」

 その膜が見えるのは、この世で二人だけ。
 越えるか否か。
 それによって、この後の両者の歩む道が決まる。 

「傷付きの矢だったら……軌道が安定しない、か」

「そう。そんな矢を正面から放たれた経験は?」

「ないな。確認した事もない」

「なら完璧に避けるのは難しいかもね。そしてこの矢には毒が塗られてる。掠りでもすれば、幾ら師匠でもまともには動けなくなる」

 繋がるか、分かれるか。
 その分水嶺が――――今だ。

「何故それを事前に告げる必要がある?」

「勿論、迷って欲しいからだよ。傷付きの矢じゃない場合、今の宣言がなかったら普通に避けられる。でもこれで、そうもいかなくなったでしょ」

 既に数本の矢を消費したため、矢筒には隙間がある。
 矢筒内で矢は固定されていない。
 よってフェイル自身、今番えている矢が傷付きか否かは取り出すまでわからなかった。

 そして――――今も。

「アバリス隊長の件は知ってたよ。僕に何かをなすり付けようとしてるのも、知ってた。でもだから何さ。僕はあの人から良い思い出を貰った。それで良いんだよ」

 乾いた声が空気を軋ませる。
 歪曲した膜の表面が、音を立てず剥がれていった。

「……なんて言えたら楽なんだろうけどね。思い出が潰されてそう言えるほど人間出来てないよ、僕は。裏切られた気分だ」

「フェイル……」

「辛いよね。本当。どうして僕は、こんな思いをしなくちゃいけないんだろう」

 弱音を吐いた事がない訳ではない。
 だが、戦いの最中にそれをする筈もなく、フェイルにとって最初で最後の経験だった。

「だからこれは、憂さ晴らし……さ」

 本当に、悲しんでいた。
 憂いに沈んでいた。
 心の底から、受け入れ難い現実を憎んでいた。

 故に――――然しものデュランダルも、万全の反応ではなかった。

「!」

 矢は静かに放たれた。
 既に弓を引いていた状態だったから、当然――――では決してない。
 射法とは、そう容易いものではない。

 矢を放つ際、弓使いは様々な箇所を意識する。
 最も強く意識するのは胸郭。
 ここを広く開かなければ、矢に力はこもらない。

 放つ際の上半身と下半身の安定も必須。
 大地に根ざす大樹のように、風が吹こうが蛇に睨まれようが微動だにしない身体が、弓を支える。

 足は通常、外に開く。
 それが最も安定を生むからだ。

 弦と矢筈を離す際の手も、余分な力を入れてはならない。
 上下左右、どの方向に作用しても致命的なブレに繋がる。

 これらは全て基礎中の基礎。
 しかし一対一の戦闘を想定した場合、直立不動で矢を放つ事は滅多にない為、こういった基礎を意識する機会は少なかった。

 だが――――フェイルは忘れなかった。

 移動しながらの射撃も、弓での殴打も、全てこの基礎が土台となる。
 弓使いにとって、身体とは弓を支え固定する為の道具。

 自身の意識を極限まで消し、弓と一体化して矢を前方へ送り出す――――それが究極の弓術と言える。

 ただし、現実的でも実用的でもない。
 実戦では周囲に敵がいるし、意識を一射撃にのみ集中させる訳にはいかない。

 だから、フェイルは基礎を基礎のまま矢を放った事は、もう何年もしていなかった。

 それでも、忘れていなかった。
 思い出すまでもなく、最も簡潔に、最も自然に、最も――――忠実に撃った一矢だった。

 "父"に教わった弓矢の扱い方に。

「……」

 矢は、沈痛にも似た静寂を切り裂き、通路の奥まで飛翔した。
 デュランダルの身体に遮られず、通過していった――――

 


 デュランダル=カレイラにとって、フェイルのその一矢は余りにも皮肉に満ちていた。

 驚異的な初速。
 殺気なき始動。
 そして――――読めない軌道。

 自身が生物兵器で得た右腕による攻撃と酷似していた。

 生物兵器の人体投与は、大規模な人体実験としてエチェベリア国内で秘密裏に行われた。
 その種類は数百にも上ると言われているが、デュランダルでさえも正確な数字は把握していない。

 実験の大義名分は、契約であり、国家の新たな武器の生成であり、力への信仰だった。

 どのような正義を持っていようとも、力がなければそれを行使出来ない。
 エチェベリアに足りないのはその力。
 ならば生物兵器で補うべき――――その単純極まりない思想は、驚くほど容易に実験対象外の権力者の理解を得た。

 デュランダルが自身に生物兵器を投与したのは、部外者ではなく当事者となる為――――その覚悟も理由の一つに含まれていた。
 だが同時に、言い訳の類いでもあった。

 渇望がある。
 自身の力を限界まで引き上げたいという欲望がある。
 この国を死守する為にはそれが必要だという志がある。

 あるのなら、それはどう繕う事も装う事も出来ない"我欲"だ。
 事実、生物兵器の投与によってデュランダルは力を得た。

 それは――――活用されていない体内の魔力の自律化という力だった。

 魔術を使用しない者でも、体内には少ないながら魔力を有している。
 その魔力は活かせるのか。
 どう活かすか。

 自身の中にある全ての可能性を試したいデュランダルと、"その"生物兵器との相性は必然的に最高だった。

 望んで得た力。
"あの男"からこの国を守る為に、どうしても必要な力だった。

 その力の恩恵――――副次的なものとして身に付いた右腕が、眼前に迫った矢と重なった。
 同時にデュランダルは理解した。
 これは、避けられないのだと。

 飛来する矢が傷付きか、そうでないかは直ぐに把握出来た。
 放たれた瞬間から、もう直進ではなかった。

 フェイルの完璧な弓術。
 そして己の業。
 その二つが作用して、デュランダルは通常よりも拍二つ分、反応が遅れた。

 故に、矢は止まらなかった。

「やはり慣れない事はするものじゃないな。随分と手厳しいしっぺ返しだった」

 どうしても、フェイルを止めたかった。
 その為には、壊さないよう心を折り、自分の手元に置くしかなかった。

 だが――――フェイルの心を折る手段を、デュランダルは持っていなかった。
 それどころか、意趣返しを疑うほど辛辣な一撃を見舞われた。
 自分がしてきた事が間違っていたのではと疑うほどの。

「……フェイル」

 そして同時に、もう一つの目的が達成出来なくなった事を、デュランダルは痛感していた。

 追撃が来ない。
 絶対に第二の矢を放たなければならない局面だ。

 今、デュランダルの体内には、矢が右腕を掠め毒が混入しているのだから。

 だが追撃が来ない。
 その気配すらない。
 それが何よりの証だった。

「お前の目は、まだ視えているのか?」


 膜は――――とうに破れていた。

 

 

 


"αμαρτια"

#11

the end.








 

                          前へ   次へ