クラウの"奇襲"は、攻撃という観点で言うならば極めて合理的だった。

 デュランダルの意識がバルムンクに集中している――――訳ではなく、常に全体へと意識を向けている事がわかっているかのように、悟られている事を前提に仕掛けていた。

 背後から鎌状の武器で首を狙う。
 この実にわかりやすい攻撃は、それ故に回避方法を大きく制限する。
 対処法が確立されているからだ。

 剣を自分の首の前に立てて防ぐのは悪手。
 片手で防いでも力負けしてしまうし、両手で防げば武器と両腕を封じられた状態で背後を取られた形になってしまう。
 いずれにせよ詰みだ。

 最も簡易且つ確実な対処法は、しゃがみながら足払い。
 足払いは躱されても、敵を跳躍させるか遠ざける効果がある。
 どういった動きになろうと、体勢を立て直す時間が作れるという訳だ。

 他には、例えば剣で防ぎながら真後ろにいる敵めがけ後頭部で頭突きをするという選択肢もあるが、額で受けられたら後頭部の方が大きなダメージを受け、場合によっては意識が朦朧としてしまう。
 そのリスクの大きさを考慮すれば、選択肢は一つしかない。
 王道が圧倒的に強いケースだ。

 だからこそ、仕掛ける側の立場からすれば次の動きが読みやすい。
 クラウの得物は空を切ったが、それは完全に想定内だった。

 しゃがみ込んだデュランダルに対し、頭の位置めがけ右脚で蹴り付ける。
 鎌で首筋を薙ごうと試みる時点で、既に蹴りは放たれていた。

 どれだけ優れた反射をもってしても回避不可のタイミング。
 剣を顔の前に持ってきてガードする暇もない。

 デュランダルは――――そのクラウの攻撃を防いでみせた。
 正確には、彼の右腕が防いだ。

 常人の動きとは到底思えない速度、そして違う生き物が宿っているかのような、右腕だけが意識と切り離され自律した動き――――フェイルにはそう見えた。
 
「ぬ……っ」

 しかもただ防いだだけではない。
 蹴りに行ったクラウの右脚が大きく弾かれ、バランスを崩す。
 腕より脚の方が遥かに筋力は上だというのに。

 デュランダルの肉体は鍛え抜かれているが、筋骨隆々という程ではない。
 クラウも同様で、少なくとも外見上は双方に筋力の大きな差は見られない。
 だからこそ、デュランダルの右腕の異常性が際立った。

 そしてその右腕が、オプスキュリテの剣先をクラウに向けたその時――――

「……」

 動きが、止まる。

 攻撃が無意味と悟り、追撃の手を緩めた。
 その理由はフェイルにも容易に理解出来た。
 隣にいたアルマが、クラウの前方に結界を張ったからだ。

 あの右腕の力なら、物理結界を破壊する事も可能かもしれない。
 しかし透過させる事は出来ず、少なくとも一瞬は結界に遮られる。
 そうなれば、クラウはその一瞬で態勢を立て直せる。

 それだけの判断を、デュランダルは一瞬で行っていた。

「相変わらず不気味だね。その腕」

 勝てない――――三人がかりでも。
 フェイルは改めて、自身の良く知る師の実力を目の当たりにし、そう確信した。

 例え自分が万全だったとしても、何も変わらない。
 それ程歴然とした力の差がある。
 更には、右腕という未知数の"兵器"がある以上、勝算は全くない。

 だが、フェイルは模索していた。
 勝てないのなら、この現況を打開する方法を見つけるしかない。
 既に退路など存在しない所まで来ているのだから。

「もしかしてそれも、魔力を暴走させた結果なの?」

 奇跡など夢想と幻覚に過ぎない。
 頼るなら夢でも幻でもなく、他ならぬ自分自身。
 フェイルの頭は、かつてないほどの回転速度を要求されていた。

「……そうだ」

 フェイルの発言が時間稼ぎである事は、デュランダルもとうに見抜いている。
 それでも彼はフェイルに付き合い、フェイルもまたそうしてくると強い確度で予想していた。

 デュランダルが何故、指定有害人種について話したのか。
 その理由は、フェイルにわかる筈もない。
 だが大枠に関しては想像出来る。

 だからフェイルは、言葉でデュランダルを刺激する戦いを選んだ。

 勝算があるとすれば――――それしかない。

「それは強さを求めて? それとも、王様の命令?」

「お前は俺と離れて随分と達者になったな」

「そうでもないよ。嫌な部分が剥き出しになった気はするけどね」

 フェイルの顔に、自然と笑みが零れる。
 褒められたからではない。
 純粋に、心が動いている自分を自覚したからだ。

「"これ"を体内に入れたのは自分の意思だ。魔力を有効利用出来ると知ったからには、使わない手はない」

「そう思ってたよ。師匠らしいしね」

 筋力をどれだけ付けるかは、強さと密接に関わりがある。
 どれだけ付けるのがベストかは人によって異なるし、得物や戦闘スタイルでも大きく変わってくる。
 デュランダルは、今の筋力と体型が最良と判断した為、自然と研磨出来るのは技術だけになっていた。

「技術とて無限ではない。上達する実感は、年々低下していた」

 自身の右手を眺めながら、デュランダルは淡々と呟く。
 彼が自分の事を話す姿は、王宮で行動を共にしていたフェイルでさえも滅多に見られないものだった。

「だが世界は広い。魔術士でもない人間が、魔力を活かしより強靱になれる。そういう事もある」

「……どうして師匠は、そこまで強さに拘るの? この国を守る為? それが騎士の使命だから?」

 それも、一度として答えてくれた事のない質問だった。
 だからフェイルは敢えて聞いた。
 一つでも多く、過去を思い出して貰う為に。

 その数だけ、デュランダルは感傷に囚われる――――そう信じて。

「騎士の誇りの為。国の為ではない」

 だが、初めてそう答えたデュランダルの顔に、感情の揺らぎは勿論、過去を振り返るような表情は一切感じ取れなかった。

 それをフェイルは、少しだけ嬉しくも思った。

「難解な返事をしてくれるよね、全く」

「そうでもない。お前なら……お前になら伝わる筈だ」

「……?」

 伝えたい何かがある。
 それは感じ取っていた。
 決して無口ではないが、ここまで己の事を話すような人物ではない筈だから。

 しかしフェイルには、その真意までは理解出来なかった。

「今度はこっちが聞き手に回る番だな。アルマ=ローラン。君はこの地に封印されたものを開ける能力がある。間違いないな?」

「……」

 アルマの弱々しい視線が、フェイルに向けられる。
 彼女もデュランダルの実力は肌で感じ、理解している。
 今、この場で自分達が生かされているのは、彼にとって必要な情報を彼女が内包しているから――――とも。

 つまり、その情報を引き出された瞬間、全員が用済み。
 アルマが怯えるのは当然だった。

 フェイルはアルマに向かって、小さく頷く。
 答えないという選択肢はない。
 既に幾つかの情報を提供されているし、何よりいつ『なら拷問して吐かせるまで』という言葉が飛び出すかわからない。

 デュランダルは決して善人ではない。
 フェイルはそれを良く知っている。

「……そう、だよ」

「だがそれが君の最大の役目ではない。そうだな?」

「……」

 アルマが頷くその刹那――――フェイルが粘りに粘り、そして待っていた"その時間"が訪れた。






 

                          前へ   次へ