「某も、ビューグラス殿と同罪なのだよ」

 ――――剣聖ガラディーンをして、自身に向ける剣の切っ先が鈍い事など決してない。

 たった一言の回答だったが、フェイルはその言葉の重みを意味ではなく、彼の生き様から感じ取っていた。
 ビューグラスが父としてハルに愛情を注げなかったと自覚しているのは、容易に想像出来る。
 エチェベリアという国を武力で統率してきた存在なのだから、家庭を顧みるのは困難を極めただろう、と。
 尤も、それでも尚、ガラディーンという男が不誠実な人生を歩んでいる姿は想像が出来ない。
 ハルも父親と距離をとっている様子はあったが、かといって嫌悪しているような印象もない。
 親子関係としては、破綻しない程度には成立している。
 寧ろ、国家最高峰の地位を持つ父とその息子という視点を踏まえれば、
 例えそれが望まないものであろうと、絶妙な距離感なのではないかとフェイルは睨んでいた。
 だが、ガラディーンは罪という言葉を使った。
 国家を背負う立場である以上、軽々しく自嘲出来る人間ではない。
 必然的に、言葉には相応の根拠が伴う。
 ガラディーンは――――
「フェイル。罪とは、人間の業とは、果たして……」
 何かを言いかけ、そこで口を閉ざした。
 言い淀んだ訳ではない。
 彼の視線は、自然と扉の方に向けられていた。
「誰か来ますね。新しいお客さんでしょうか?」
「あ? 気配なんか微塵もないぞ?」
 リジルとカラドボルグの意見は割れたが、答えは直ぐに出た。
 ガラディーンの視線の先、そしてフェイルの視界にあったこの部屋の入り口の扉が、
 ゆっくりと開かれていく。
 フェイルもまた、その気配を感知する事は出来なかった。
 しかしその顔を見た瞬間、納得した。
「クラウ=ソラス……?」
「お久しぶりですな。余り、自分を倒した人間の顔など見たくはないのですが」
 言葉とは裏腹に、クラウは真っ先にフェイルへと声を向ける。
 メトロ・ノームでの戦い以来の再会。
 その際、既にフェイルに対し敵視はしていないという話だったが、それでも警戒を解く訳にはいかず、
 身構えるだけでも加減が難しい。
 そんなフェイルに、クラウは淡々とした口調で――――
「貴殿の連れの魔術士が重傷を負いました故、ここまで運んで来た次第です」
「……え?」
 寝耳に水。
 寧ろ熱湯をかけられた心持ちで、フェイルの身体が瞬間的に熱を帯びる。

 誰がやった?
 お前か?

 そう叫びたくなる衝動を抑えるのに必死だった。
 冷静に考えれば、悪意をもって負傷させた相手を病院に運ぶ道理などないのだか、
 そんな当然の判断さえも一瞬見失うほど、フェイルは動揺した。
「らしくないな、フェイル君。自分の弱点を曝け出してるようなものだぜ?」
「……僕を買い被り過ぎだ」
「ま、そこで激高しない時点で大丈夫、過大評価はしてないつもりさ。
 にしても旦那もリジルも感度エグいな。幽霊の気配でも感じ取れるんじゃないかい?」
 この街でクラウ=ソラスの実力を知らない者はいない。
 彼がどれほど気配を消す能力に長けているかも。
「与太話をしている場合ではない。君の本職は何だね? カラドボルグ」
「わーってるって。でもな旦那、ここは俺の領分だ。少し黙ってな」
 空間が――――歪む。
 そう錯覚するような一瞬が、唐突に出現した。
 元とはいえ剣聖を相手に、若手医師が利くような口ではない。
 かといって、嘗めている訳でも、まして嘗められている訳でもない。
 カラドボルグもまた、相応の矜恃をもっての発言だった。
「……人道を外れた交渉は許さぬ」
「流石旦那。わかってるね」
 "交渉"――――その言葉の意味を、フェイルは瞬時に理解した。
 彼が何をしようとしているのかを。
 そして、この場において『それでも医者か』と罵る事も、医師の本分に訴える事の無意味さも。
「さて、クラウ=ソラス殿。重傷との事だけど、具体的には?」
「矢が脇腹に刺さった状態です。薬で止血はしているのですが、一時的なものに過ぎませぬ故、
 緊急を要しますな」
「成程。そういう訳でフェイル君。取引だ」
 案の定、カラドボルグは無条件で治療する気はなかった。
「今、この院内にいる医師は俺だけ。他はみんな地下に隠れちまったからな。だから、
 君の連れを今治せるのは俺しかいない」
「……ファルを治療する代わりに、僕に従属を強いるつもり?」
「協力、だよ。何にせよ決断は早くした方が良い。院内とは言え菌が傷口から体内に侵入する可能性は
 ゼロじゃない。そうなれば重症化するし、最悪死にかねない」
 それは医師として、余りにも下劣極まりない脅迫行為。
 だが、ガラディーンに口を挟んでくる様子はない。
 フェイルは――――
「ファルを治療して欲しい」
 どちらにせよ、既に回答を決めていた。
「了解。患者の元へ案内願おうか、クラウ=ソラス殿」
「こちらですな」
 扉の傍で佇んでいたクラウが、足音なく通路へ向かう。
 フェイルも直ぐにそれに続いた。
「では、僕とガラディーンさんは一足早く地下へ行きます」
「おう。じゃ、ここまでだな」
「祈ってますよ。貴方の願いが叶う事を」
 そんなリジルとカラドボルグのやり取りを背中越しに聞きながら――――

 

 

 


「……バカです。フェイルさんは」
 ヴァレロン・サントラル医院には、複数の霊安室が存在する。
 その一つは、フェイルがリオグランテを射貫いた場所の直ぐ近くにあった。
「そうかな」
 その霊安室でファルシオンに事の経緯を説明し終えたフェイルは、あらためて自分の行動を顧み、
 そして確信を得ていた。
「でも僕は、何も後悔してないよ」
 そう躊躇いなく告げ、後悔の要素を担う一つ――――リオグランテの身体に目を向ける。

 リオグランテは呼吸をしていない。

 先程のフェイルの矢を受けたからか、或いはそれ以前からなのかは定かではない。
 いずれにせよ、今のリオグランテを"生きている"と言う訳にはいかない。
「僕は、リオにとどめを刺したのが僕で良かったと思ってる。ファルの治療を優先したのも、
 正しいと思ってる」
「私の事なんて放っておけば良かったんです!」
 しかしファルシオンは、切実極まりない声で吼える。
「この怪我じゃどの道、戦力にはなれません。それなら、リオに……騙し続けた報いを受けたかった。
 楽にして欲しかった」
 殺されても良かった。
 そんな悲痛な叫びが、フェイルの耳ではなく心を突き刺す。
 けれどそれは、決して――――
「そんなの、ダメに決まってるでしょ」
 陰鬱とした霊安室の空気を吐き出すように、扉が開かれる。
 そこにはフランベルジュが鬼の形相で立っていた。
「フラン……? 今まで何処に……」
「そんな事はどうでもいいの。それより貴女、何を血迷った事言ってるの?
 リオを仲間殺しにしたいワケ?」
「どうしてそれを……?」
「立ち聞きしてたからに決まってるでしょ? そんな事もわからないくらい混乱してるのよね。
 だからあんな下らない事を言えるのよ」
 入って来るなり、フランベルジュはズカズカとファルシオンへ歩み寄り、そのローブの胸元を掴む。
 勿論、怪我人である事を重々承知している上で。
「でも……リオは私を襲ってきました。私を……殺したいって思ってたから」
「だったら何? もしそうだったとしても、リオに貴女が殺されれば、リオは殺人者よ。しかも仲間殺し。
 勇者から重罪人への転落。それがあの子の結末になる。わかってるの?
 貴女が殺されるって、そういう事なんだからね」
「……」
 普段とはまるで逆の構図。
 口調こそ厳しいが、理をもって諭すフランベルジュに対し、フェイルは何一つ口を挟む余地なく
 黙って頷いていた。
 そのフェイルに、フランベルジュの視線が映る。
「何?」
「……ありがとう」
 それは――――信じ難い光景だった。
 フランベルジュが、深々と頭を下げている。
 あのフランベルジュが。
「ファルを止めてくれてありがとう。リオを止めてくれてありがとう。貴方のおかげで、
 私達はなんとか勇者一行でいられた」
 暫くそのままの体勢で感謝を告げ、そして一礼を止め――――
「この街で、貴方と出会えて良かった」
 澄み切った笑顔を覗かせた。





 

  前へ                                                             次へ