エチェベリアと言う国を一言で表すなら、『羊頭狗肉』。
 隣国の魔道国家デ・ラ・ペーニャを十日足らずで打ち負かしたその国力と武力は、
 世界各国から瞠目すべき対象と見做され、その名前を上げた。
 特に際立って注目を集めたのは、エチェベリアの武そのものと言っても過言ではない
 王宮騎士団【銀朱】。
 エリートの魔術士を相手にも一切怯む事なく、縦横無尽に戦場を駆け回る
 その姿は、まさに剛毅果断だったと、デ・ラ・ペーニャの魔術士は敗戦の弁を語った。

 だが――――

 実際に、そこまで【銀朱】に圧倒的戦力があったかと言うと、実はそうではない。
 驚異的な早さで、デ・ラ・ペーニャの主力部隊を分断、鎮圧させ、戦力を
 削ぎ落としたのは、長期戦を畏れたから。
 長期戦を畏れたのは、本当の意味で戦力が充実している訳ではなかったからだ。
【銀朱】には、二人の天才がいる。
 剣聖、ガラディーン=ヴォルス。
 銀仮面、デュランダル=カレイラ。
『ガーナッツ戦争』と呼ばれた両国の戦いにおいて、この二人の部隊は戦果の
 殆どを生み出した。
 もっと突き詰めれば、この二人だけで戦争に勝った、と言っても過言ではない。
 敵の急所を素早く見抜き、躊躇なく突くガラディーン。
 その嗅覚は、個との争いだけではなく、部隊同士が争う会戦であっても
 発揮される。
 剣聖と言う称号は、腕っぷしに贈られるものではない。
 ガラディーンは稀代の剣士であり、同時に戦略家でもあった。
 そして、そんなガラディーンの戦術を、デュランダルは完全に読みきっていた。
 その上で、ガラディーンの部隊を完璧に支援した。
 時に兵糧を分断させ、時に二次攻撃を仕掛ける。
 場合によっては、ガラディーンの部隊よりも前に出て、最前線で頭を叩いた。
 それら全ては、予め示し合わせたものではなく、双方が双方を理解し、
 信頼した結果。
『彼ならこう動く』
『奴ならこう考える』
 その理念に従い、兵は駆けた。
 離れた二つの部隊が、まるで一つの生物のように動き、そして補完し合う。
 魔術国家があっさり敗北した最大の要因は、二人の天才の間に
 全く齟齬がなかった事、と言っても差し支えなかっただろう。
 が、逆に言えば、【銀朱】はその二人の才能に頼りきった
 騎士団である、と言う事になる。
 指揮官が、軍師と斬り込み隊長と司令塔を兼任すると言う事は、
 つまり他に適任者がいないと言う事。
 世界的な名声を得たその一方で、【銀朱】には人材不足と言う大きな課題があった。
 その後も、課題は解消される事ないまま、十年近くが経過し――――

「今に至る……か。指導者が無能なのか、スカウトが無能なのか。
 潜入に成功したのは良いけど、この国の未来は暗いね、どうにも」
 その騎士団が護る筈の王宮内では、嘲笑の部類に入る笑みを浮かべた医師が
 堂々と闊歩していた。
「仕方ない話です。普通の天才がいる組織には、その天才を慕って
 多くの有力な若者が集うものなんですが、彼等は並の天才じゃない。
 その強烈な光に、有望な人材は目を晦ませてしまい、姿まで晦ましてしまったんでしょう」
 一方、苦笑の部類に入るであろう笑顔で、その隣を歩く人物の職業は――――
『研究者』に分類される。
 生物学の権威であると同時に、各国を渡り歩く放浪人。
 そして――――
「ここですね。さて、ちゃっちゃとやっちゃいましょう」
 宮廷内の書庫の一つへと入り、奥に並ぶ棚の前に立ち、そこにある書物を
 全て隣の書棚へと移した。
「以前は無造作に放り投げたものでしたが……僕も大人になったものです」
「俺より遥かに年上の癖して、良く言うよな、全く」
 呆れる医師――――医学の権威を他所に、生物学の権威はルーンを描き始めた。
 程なく、宙に浮くルーンは霧散し、同時に空になった本棚が崩れ落ちる。
「これって、第一級幻覚?」
「二級です。一級だったら、僕には手に負えませんよ。大した魔術士じゃありませんから」
 自らを『魔術士』と名乗った生物学の権威は、苦笑のままに歩を進め、
 崩れた本棚の先に現れた扉を開いた。
「王宮の機密を管理する部屋にしては、防犯対応が甘いかもしれませんね」
「それ以上に、【剣聖】と【銀仮面】がいないと、ここまで脆い戦力の方が
 問題だと思うね、俺は」
 やはり同じ笑みのまま、医学の権威も続いた。
 その先にあるのは――――膨大な書物。
 表の本棚に置かれている数の比ではない。
 王宮内のホールに匹敵する広さに、所狭しと並んだ背の高い本棚に、
 ほぼ隙間なく敷き詰められている。
 その全ては、王宮に籍を置く者、またかつて置いていた者に関する資料。
 そして、その数だけそこには『担保』があった。
「それでは、ここからは単独行動と言う事で」
「は? ムチャ言うなよ。何度もここに来た事ある君とは違って、
 こっちは初だぞ? こんなアホみたいに並んだ書の中から、希望の資料
 探し出すなんて、一月あっても無理だろ」
「貴方なら、適当に選んで数冊読めば、大体の傾向がわかりますよ。どんな人の
 資料が何処に並べられているか。護衛の方を余り外に待たせるべきじゃないですから、
 頑張って見つけて、成果を挙げてください。折角、『ついで』でついて来たんですから」
 心からの笑みで手を振り、生物学の権威は小さい怒号を無視して
 本棚の隙間を歩き進む。
 窓などある筈もないこの空間、扉を閉めた時点で深遠の闇に染まる筈なのだが、
 肉眼で6つ先の本棚まで見通せる程の明るさが確保されている。
 そんな中で、生物学の権威は迷いなく進み、そしてとある地点で歩を止めた。
「さて……と。スティレットさんも、面倒な頼みごとしてくれますね、本当に」
 そして、嘆息交じりに独りごち、一冊の資料を手に取った。


 その中には――――『ファルシオン=レブロフ』と言う名前が記されていた。




 





 

 chapter 4. 


- under the "el batalla" -








  前へ                                                             次へ